【活動日誌】まったりゆっくりタノシミナティ☆

Pocket

Sato Matoya
こんにちわ!
さとまとーやですぅ…(ゲホゲホ
Falling Chiemi
大丈夫ですか?
Sato Matoya
正直、ヤバイわ。
Falling Chiemi
ゲームどころの騒ぎじゃないようですね。
Sato Matoya
あなたは?
Falling Chiemi
私は風邪なんか引きません。
Sato Matoya
えらい自信ね。
Falling Chiemi
風邪が寄ってきませんからね。
Sato Matoya
そ、そうw

 

最近風邪が流行っていますが、皆様体調はいかがでしょうか?喉からくる風邪が多いみたいです。インフルエンザも流行りの兆しを見せているようなので、皆様、お体だけは大事にして下さい☆

 

 

【レイドファインダー開放!?】

Sato Matoya
パッピー、クリスタルタワー開放してないって!?
Lisesviel Einzblade
なんだって~!?
Sato Matoya
開放するわよー!

 

クルザス西部のFATE、ほんとに待ち時間長いですよね。その為の焚き火である事が改めて認識されました☆ でも、一緒に付き合ってくれる仲間がいるって本当に助かります。ただ待たなきゃいけない時間でも、それは素敵な交流の時間に変身します。そんな仲間と多く繋がれるFCでありたいなって改めて思いました♡

 

Sato Matoya
ぱっぴー、今度写真撮らせてねw
Falling Chiemi
さとさんの準備不足!w

 

【神出鬼没!?】

Sato Matoya
お友達のわわなさんが遊びに来てくれました☆
いつも突然の訪問で驚かせてくれます♪w

 

Esna Latopolis
わーい!わなさーん!
Sato Matoya
いすなさん、わな さんよ。
Esna Latopolis
な…なん…だと?

 

Sato Matoya
うちのFCメンバーとも仲良くなってくれて嬉しいです☆
流れで一緒に宝探し♪

 

 

Alia Lea
今日は私がヒーローだは!
Esna Latopolis
させない!
Sato Matoya
ふふふ、私の事忘れてない?
Alia Lea
さとさん、開かなかったじゃん。。。
Sato Matoya
私もその争いに混ざりたい~~~~!!!

 

 

ばこーーーん!!!

Sato Matoya
って開くのはやっぱり嬉しいです☆
その後、わわなさんのアパートへ♪

 

 

Sato Matoya
レストラン風でびっくり!
ならんだお食事にテンションもアップ☆

 

 

Sato Matoya
子持ちにしか分からないと思うのですが、子供を膝の上に乗せたら頭に顔埋めてクンクンしたくなりますよね。
Alia Lea
そうなん~?
Falling Chiemi
そういうもんですか?
Sato Matoya
あなたも分かる日が来るわ、きっと。
Falling Chiemi
わたしは無いですね。
Sato Matoya
そう?こんな風に写真も撮りたくなるよ。

 

 

Falling Chiemi
ないないないないw
Sato Matoya
えぇぇ、なんでさ?
Falling Chiemi
私の血は後世に残してはならない血なのです。
Sato Matoya
厨二か?

 

 

Sato Matoya
気付いたらチャンバラごっこ…w
Falling Chiemi
侍はやる。私も侍。
Sato Matoya
あなたがこの場に居たらやってるだろうね、きっとw

 

 

Sato Matoya
その後はわわなさんのお家に行って、沢山の感動を味わいました☆
人様のお家なので、スクショは残さずにいましたが、これだけは…可愛かったのでw
Falling Chiemi
ステージショーですか。
Sato Matoya
ララフェル最強ね。

 

わわなさん☆遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました♪

 

 

【深夜のSayトーク】

なぜ「Say」でお話したのかは定かじゃありませんが、何故かその流れでしたw おうちのロビーであーでもない、こーでもない?楽しい会話でした♪

 

 

Lisesviel Einzblade
ああなって、こうなったから~。
Sato Matoya
おぉ~なるほど~!

 

Lisesviel Einzblade
こうでしょ?こうですよね、こうだから、こう。
Sato Matoya
ふむふむ。

 

気付けば四時超えてました。

 

【トークン集めてなくね!?】

Sato Matoya
せっせ、せっせ…。

 

 

Sato Matoya
ぜーぜー…。
Falling Chiemi
精が出ますな。
Sato Matoya
あなた、トークンいいの?
Falling Chiemi
私はPSでカバー出来るので。
Sato Matoya
ほほ~…。
Falling Chiemi
いや、否定して下さい…。

 

皆さんはもう集めましたか?w

 

 

【悩みは、苦悩と幸せが入り混じる】

 

Sato Matoya
うーん…。
Falling Chiemi
ウ○コですか?
Sato Matoya
小学生か。
Falling Chiemi
どうしたんですか?
Sato Matoya
もう年末よ。クリスマスよ。
何かやりたいじゃない。
Falling Chiemi
クリスマス的な何かですか。
Sato Matoya
そうよ。
Falling Chiemi
さとさんの事だから、王道なのは嫌そうですね。
Sato Matoya
何故、王道が嫌いだと思ったのか聞きたいけど、
そうね。
Falling Chiemi
なんか考えておきます。
Sato Matoya
頼むわ。
Falling Chiemi
・・・。
Sato Matoya
何。
Falling Chiemi
寝ていいですか?
Sato Matoya
あなたの睡眠はいつから許可制になったの?w
Falling Chiemi
とりあえず、風邪こじらしているんだから、早く治さないと。
Sato Matoya
あら、ありがとう。
Falling Chiemi
その体で次の刺客を凌げるかな?私達はそう甘くはない。
Sato Matoya
おめーわ厨二こじらせんなよw
寝ろ!
Falling Chiemi
はい。

 

 

もういくつ寝てもタノシミナティ☆

  • 著者名:
    Sato Matoya

  • 自己紹介

    FF14 Chocoboサーバーで魔法職に拘っている人です☆ただIDやレイドは苦手です・・・。最近はギャザラーにはまっているというか、脳死プレイが好きです。クラフターに手を出したら戻ってこれなさそうな気がします。FF友達は常に大募集中です。でも話しかけるのは勇気が必要です。アクティブな方、是非ぜひ遊びに誘って下さいませ☆ミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント

お名前

ウェブサイトURL